それいけ京都大学in京都大学

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それいけ!京都大学 in 京都大学

京都大学総合人間学部合格目指し河合塾名駅校で浪人生活!無事合格し春から京大総人生!

土日のゼミや休暇中の講座について

遅れてごめんなさい!たれ。さん

要請の記事ですー!

 

それではさっそく書いていきたいと思います。

 

 

聞き足りないこととかがありましたらコメントに書いちゃってください。

 

 

また以下は河合塾についてにしか書いていないので、他の予備校の方にはあまり参考にならないかも。いや!参考になるようできるだけ努めるね。

 

 

 

 

 

土日のゼミ

 

名駅校でもアドバンスコースの人限定でゼミがあったりしました。

ただ基礎シリーズ中はあんまり数は多くなかった様思います。

 

完成シリーズ〜からかな、ゼミが増えたの。

 

 

前にも書きましたが基本的に自分は全授業出ましたが、必ずしもその必要があるとは限らないかなーと思います。個々によるって言っちゃえばお終いなんだけど。

 

名駅校などの方でアドバンスコースじゃない方のコースの方がいましたら、自分はアドバンスコースの方を勧めるかな。

 

アドバンスコースだと添削してくれたり(あんまり数は多くなかったけど)、ノーマルのコースより多くの授業が受けられたりします。

もちろん添削は授業後とかに講師にみてもらうなどでも十分なので、前者は克服できます。

ただ後者はどうこうできないよね。

 

OWの連中と同じゼミ受けれるのは大きい。

 

 

自分がゼミで重視してるのは、問題に対する経験

 

数学なんて、天才か経験豊富な人かしか点取れない、からこそ。

 

自分は少なくとも前者じゃなかったので経験を積むようにしました(もちろん一回解いただけだと経験として蓄積はされないから繰り返しの復習が大事なんだけどね)

 

 

経験を積むという点でゼミは出ておいた方がいいと思う。

 

 

他の校舎の方だと有料でゼミとかあるのかな。

分かりませんが、経験として価値があると思えるのならとって良いと思います。

そこは直感で、ね。

 

 

 

 

 

 

休暇中の講座

 

自分は休暇中の講座は多くとっていなかったです。

お金もったいない気がしたし、その辺は吝嗇です。

すいません、ちょっとカッコつけていいましたがケチってことです

 

 

だと3つだけだったかな。

 

「京大英語」と「京大日本史」、「センター現代文」

 

センター現代文は正直全く効果なかったかも、自分にはね

 

マーク模試前に講座があったのでセンター現代文はとりました。

 

 

大日本史は講師に惚れ込んでたので夏期冬期直前、全部の講座をとった記憶。

限定のシールもらえましたし。

 

ま、論述が苦手だったのでその添削をしてくれたから、というのもかなり大きい。

そもそも日本史苦手だったし。

 

 

 

今思えば京大文系数学を取るべきでしたが、玉置さんという有名な講師さん(自分の代からOWで教えるようになった)がいる、ということで京大英語をとっちゃいました。

あの黄色い英語の参考書(ggったら「英文読解の透視図」でした)の著者さんです。

 

彼は単語単語派だったので自分と合いませんでしたが、すっごく励まされたので元気にはなった。

 

自分は英語に関してはあまり単語はやらず、毎日英文に触れるってことをメインにやってました。英文って言っても1パラグラフないくらい。

 

おっと、各教科に関しては要請があり次第書きますね!

さすがに要請からこんなに時間を経て更新することはないようにします。

1週間以内には!!!!!!!!!!

 

はい、話ズレた。

 

 

 

 

「京大文系数学」と「京大日本史」、「センター倫政」

 

名駅校では冬の講座では必ずセンター講座を一個取るよう言われてたのでしょうがなく倫政

 

 

京大文系数学は経験のため。

 

 

大日本史は夏と同じ、ね。

あと、センター期になると二次対策をしなくなっちゃうから論述の鋭さを残しておくという意味でも意味はあったと思う。文系数学でもね。

 

 

 

センター直前の1週間に京大文系数学があったので、グムーって思ってましたが、感覚を残しておくという意味ではよかったのかも。

 

なぜか冬テキストは異様に簡単だったのを覚えてます。

問題が簡単だったのかそれとも自分が賢くなってたのかは分かんなかったですが、経験としては悪くはなかったよ!

 

 

 

直前講習

 

「京大文系数学」、「京大日本史」、と「プレテスト」

 

京大文系数学は同じく経験のため。

大日本史もそれまでと同じ。ただ添削は講師の時間的に不可能でしたが、苦手でしたし悪くはなかった。むしろよかったかな。

 

 

確か直前講習はテストゼミだったと思います。

テストゼミ、とは。

授業の時間に問題を解いて、残った時間に講師が解説。

2コマ分の授業だったので1コマテスト、もう1コマ解説でした。

 

時間制限があるのでより実践的な授業だったかな。悪くはなかった。

 

 

 

プレテストは自信をつけたり落ち込んだりするために受けた方がいいかな、って思います。

順位は出ませんが添削もすぐにしてくれて、平均点などすぐ出るので大体偏差値なども計算できちゃいます。

 

思い出せば、京大の入試でも数学できたのはプレテストでめっちゃ数学できたのと相関関係あるのかしら。

 

実はまだ開示が届いてないのでなんとも言えないですが。

あ、センターの開示についてなんですが...

っとまた長引くので関係ないことは次の記事で。

 

 

 

 

 

長期休暇中の講座をとったからと言って成績が伸びる、とは限りません。

膾炙してるね。

 

大事なのはどれだけ復習して自分の力にするか、だと思います。

 

休暇前までのテキストの復習に加えて、時間が余るようなら講座をとってその復習をすべきかなー、と。

 

繰り返すの大事

ただ繰り返せばいいってわけじゃあないけどね。そこがまた難しいところ。

自分で方法を確立するのが課題ね。

 

 

 

自分は基本的に河合塾の講習しかとっていませんでしたが、他の予備校の講習にもいったりなんてのも一手にあるかもね。

 

駿台の直前の京大模試的なの(河合のプレテストみたいな)とか代ゼミのとか、ね。

 

 

 

 

確か講座を決める時期が休暇のかなり前だったのを思い出します。

焦らせて多く取らせようとする予備校の策略って思ってました。

 

焦らず理性的にどの講座が必要か考えましょう。

 

自分は受験にくわしいおじがいたので、彼に相談して決めてました。予備校に関わっていない外部の人に相談するのもいいかもね。

 

予習復習をしようとすると、かなり大きい時間を使うのも計算にいれなきゃね。

 

 

 

The choice is yours.

 

 

 

 

 

 

はい!

 

どうだったでしょうか、少しながらも満足した記事をかけてたのなら幸いです。

みなさんが志望校合格できることを願ってやみません。

 

 

って参考書の「はじめに」みたいな締め方もなんだか、ですね。

 

 

文章が読みづらい、ボキャ貧、意味不明、嘘っぽい、文章上手、など意見がありましたらぜひコメントに。

 

 

 

ほいじゃあ、また。